出会いについてのニュースまとめてます

... if you can dream it, you can make it so.

出会い厨って出会いを求めて来る人のことですよね?厨って何のことでしょうか?

「はい、危ないし、騙されます。
勝手に人のメールアドレスにIDをふって、登録しています。
彼女は結局、自分のブランドバッグを売ることでカタをつけていた。
そんなシングルマザーの闇に焦点を当てているのが、2010年に出版された『出会い系のシングルマザーたち――欲望と貧困のはざまで』(鈴木大介/著、出会い系掲示板/刊)。
当然、そこにはグレーな引き合いも多く、犯罪につながるケースも少なくない。
出会いがないからといって転職してしまうのはどうかなと思います。
需要と供給がマッチすれば、それまで見ず知らずだったユーザー間に取引が生じることとなる。
合コンやお見合いパーティーの様に、恋愛を中心に回っている世界ではないのでそういった意味ではリスクが高いんじゃないかなと思いますよ。
 著者はその答えに「大いに混乱した」と述べ、次のように書きます。
本当に優良な出会い系サイトを使うのが最低条件です。
  本ページの趣旨である、「真面目に彼女を作りたい」場合には不向きです。
  いきなりイケイケお姉さんが色気たっぷりにお誘いです。
とりあえず、現在ご利用中のその出会い系サイトは今後利用を控えるべきだと思います。
リアルでは出会いが無い。
99%を占めるのが、悪質出会い系サイトだからです。
警視庁 によると、天野容疑者は今年8月、埼玉県内の ホテルで、出会い系サイトで知り合った女子中 学生が18歳の未満であると知りながら「10 万円を渡す」と約束し、わいせつな行為をした 疑いがもたれている。
ところが、彼女たちは世間体や子どもがイジメの対象になるのではといった恐れから、生活保護を申請しようとしなかったといいます。


芸能人の出会いって

松田聖子さん、再々婚しましたね。今日の一番ホットなニュースじゃないかと思いました。お相手は大学準教授の一般男性だとか。う~ん、うらやましいです。前回は「ビビビ婚」でしたが、どのように出会って、結婚まで行き着いたか、スゴく知りたいです。
お相手のことは公表しないんでしょうか。ニュースを見ると、公表した日にはインターネット上で別人の男性の名前や写真が上がったそうですね。ネット社会というのは便利だけど、人違いはちょっとね。

芸能人の出会いネタを調べてみると、ダルビッシュと離婚した紗栄子は、出会い系サイトから携帯へメールがたくさん来て、「世の中は応援してくれているのね。笑」ってブログに書いているらしいですね。メアドを変えなきゃいけないほどよく来るってことは、う~ん、どうなんでしょう。なにかに自分で登録したとかじゃないの?
出会い系サイトのニュースを見ると、結構怖いなと思いました。売春させてて摘発されてたり、サクラが横行してたり(芸能人と名乗る場合もあるんですってね)、あなたに大金をあげたい、っていうメールが来たりするのも、出会い系サイトへの誘導らしいですね。こういうメール、実はわたしにもよく来てるんですが、出会い系のものだったのね。気をつけなくちゃいけませんね。


独身者向けの出会いの場「ジューンパーティー」開催決定!

豊かな自然いっぱいの北海道、黒松内町で初の独身者向けの出会いパーティーが開催されることになりました。
北限のブナ林をはじめとした豊かな自然が人気の同町、赤井川の農村地区にある「ブナリンカフェ」が会場となっています。
周辺には芝生が広がる素敵な場所。ただ男女の出会いの場が少なくのは事実。

「若い男女が出会って、この町で家族を持てるよう、町の発展に貢献したい」5年前にこの町に移住してきた実行委員長が奮闘し6月16日についに開催されることが決定しました。当日は正午にスタートし、パーティーは午後4時までとなりますが、その後は希望する参加者やスタッフらで宿泊キャンプを予定しています。札幌からディスクジョッキーを招き、音楽とトークで盛り上げながら、バイキング形式の食事やドリンク、簡単なゲームを通して話のきっかけを持ってもらう。希望者には社交ダンスの講習なども計画されているそうです。
料金は食事、ドリンク付きで男性3千円、女性2千円。実行委員長は「男女の出会いだけでなく、人のネットワーク作りにどうぞ」「ぜひ町外からも参加してください」と参加を呼びかけています。同町では自然にあこがれて移住する人も増えており、新たな出会いの場としての期待がされます。


高田馬場で街コン、でも学生ばっかりじゃ?

高田馬場で2012年8月18日、800人規模の合コンイベント第4回「馬場コン」が開催されるらしい。
しかし、イベントの主催は、地元早稲田大学の学生や、周辺大学の学生、社会人などから構成された「馬場コン実行委員会」だそうで、なんか結局大学生の出会いの場なんじゃない?って思ってしまった。

他の都市の街コンの印象は、地元の本当に結婚適齢期の人たちが集まってやるって感じだけど、
この「馬場コン」は、学生のお祭りごとって印象。
なんか、夏ってバカ騒ぎしたいよね。そういう人たちが集まって、お酒飲んで浴衣着て、おしゃべりして。
って感じに思えてしまった。
この馬場コンが、結婚に結びつく可能性ってほとんどなさそう。
だって、まだ社会人にもなってない学生たちばっかりじゃ、結婚なんて頭にないよ?
他の街コンとは、ちょっと種類が違う気がするなぁ。

でも、街の活性化になることは間違いないでしょうね。
普段、高田馬場に来ることの少ない近隣の大学生とかも、その日は来るから、そういう意味では、
いいイベントだと思います。
高田馬場って、これといって名所とかない気がする。
やっぱり、学生の街って感じで、居酒屋とかチェーン店が多いガヤガヤした感じの印象。
このイベントが定着化して、高田馬場と言ったら、「馬場コン」でしょ!って位になったら、スゴイと思うけど、
たぶん、2~3年で終わるんだろうなぁ。
主要な実行委員メンバーの大学生が社会人になったら、自然と消えてく。
そんな気がする。辛口ですが。


婚活の古今

昨今、「婚活!」という言葉がずいぶん流行りました。
私のまわりでも40歳にして未だ独身という方が何人かいます。
一昔前までは、近所の方や親せきのおばちゃんが色々お見合いの話をもってきてくれたものです。
写真と履歴書など持ってきた方は、「どう!この相手!なかなかいいでしょ!薬剤師さんよ♪」
などと本人より紹介者の方が舞い上がっていたものです。

しかし、いざお見合いをしてみると、薬剤師さんなのにシングルなだけあって女性に対する扱い方が全くできておらず、がっくりということもしばし・・・・
ネットでお見合いというのも現在ではありますが、メールの文書がとてもよくても実際に会ってみると
「あれれ?」ということがあるのではないでしょうか?ネットの文書を見るととても丁寧で親切だと思いきや!顔を見て話してみると、会話が続かない、雰囲気が合わないなど自分の思っていた男性像と
大きく離れた相手だったりします。
結論から言って会って話すのが一番相手のことが理解できると思います。
今は、色々なツールを使って色々な相手と知り合うことができます。
しかし、優れた作曲家や優れた作家が必ずしも性格の良い人ではないのとどうように、文章を

上手に書く人が良い性格とは限らないのです。
 「百聞は一見にしかず」昔の人はいいこといいます。


© 2015 出会い系ニュース速報